無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
魔の3ヶ月!母乳分泌減ってませんか?
0
     こんばんは。

    9月に入って朝、夕は少し涼しくなってきましたが日中の暑さには参ります!「この暑さも今日まで」とか・・・。もう少しのがまんでしょうか。

    今日、ブログにコメントを2通もいただいていたことに気づきました。お2人ともすでにお会いしていたのにお礼も言えず・・・。本当に失礼いたしました。この場でお礼申し上げます。「コメントありがとうございました」

    さて、今日のタイトル「魔の3ヶ月」とは。
    おっぱいを頑張って飲ませているママが、3-4ヶ月健診で体重増加が少ないと指摘されることが時々あります。
    この頃の赤ちゃんは哺乳力もついてきて新生児の時に比べると短時間でかなりの量のおっぱいが飲めるようになってきて、飲んだ後に満足そうにご機嫌に遊ぶことも多くなってきます。そういう時期に夜の授乳間隔が長くなってきて母乳の出が悪くなることがあります。
    母乳を作るプロラクチンというホルモンは夜の間にたくさん分泌され、その時間帯に赤ちゃんの吸啜刺激をおっぱいが受けることで母乳分泌が継続していきます。母乳の分泌量は4ヶ月頃にピークになりそれ以降は維持期に入ります。もともとプロラクチンの量がそれほど多くない人は夜間の授乳による刺激が少なくなるとプロラクチンの分泌が低下してしまい、母乳の分泌不足につながってしまうと思われます。
    「夜はまとめて寝るようになってママは楽になります」と育児書に書いてあったりするので、夜は5-6時間寝るようになりました!と喜んでいる方も多いのではないでしょうか。でも「まとめて寝る」とは何時間かとは書いてないのでは?「新生児の頃の1時間ごとに起きて泣いて大変だった時期よりはまとめて寝るようになりますよ」という意味でせいぜい3時間。これ以上空くと徐々に分泌は減っていくでしょう。
    昼間は機嫌が悪かったり、昼寝をしない、しょっちゅうおっぱいをほしがる。でも夜はよく寝るというときは早めに体重増加が順調かチェックしたほうがいいかもしれませんね。特に母乳の分泌が多くないママは分泌が一度低下すると復活が難しいケースもあります。夜は長寝してしまうなら起こして飲ませることをお勧めします。

    愛知県名古屋市緑区相原郷一丁目2601シャトーレ滝の水1A
    愛育母乳育児相談室
    ホームページはこちら↓
    愛育母乳育児相談室ホームページ
    | aikublog | 日記 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    2012/09/08 5:51 AM posted by: 3姉妹のママ
    はじめまして!3人娘を育児中です。
    この度、私の耳下腺腫瘍という病気の為、9/6に全身麻酔で手術をしまして、次の日麻酔から目が覚めてちょうど丸1日たったところで1歳2か月の三女に授乳してしまいました?
    術後はずっと院内で搾乳し続けていたので、悪い成分は体外に出ていっているとは思うのですが、不安です。因みに術後は経過が良かったので、普通の人が飲む抗生物質や痛み止めは免除され、飲んでいません。
    もしよろしければお考えをお聞かせ頂けたら有難いです。
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    トラックバック機能は終了しました。