無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
乳腺炎
0
     こんばんは。愛育母乳育児相談室の林美恵です。
    今日は昨日、一昨日と打って変わっていい天気!気温もぐんぐん上がって、初夏のようでしたね。
    しかし・・・ヒノキアレルギーの私は、はなグズグズでつらい日でもありました。

    さて、ここ2,3日の雨と、4月のなにかと忙しい時期と重なってか、「乳腺炎」で熱を出した方が3人もいらっしゃいました。小さな子を抱えて、熱は出るわ、おっぱいは痛いわ、乳腺炎で分泌が落ちたおっぱいに不満げな赤ちゃん・・・いいことは何もなし

    ママが疲れて体力が衰えると、同時に免疫力も低下して、「しこりができた」にとどまらず、「乳腺炎」にまで発展してしまうようです。乳腺炎に伴うしこりは、乳腺炎が発症してできたというより、しこりができてそこに炎症が起こったと考えるのが、つじつまが合いそうです。
    そしてそのしこりの原因の多くがゆがめ飲み。乳腺炎や白斑ができたおっぱいの乳頭(乳首)はゆがめられていることがよくあります。
    普段から、乳頭をまっすぐくわえさせて飲ませることは、トラブル予防になると思います。赤ちゃんがおっぱいを離した直後の乳頭(乳首)をよく観察してみてください。新品の口紅のようにつぶされてとがっていたり、一部分が引っ張られたように変形していたら、要注意です。
    おっぱいはまあるく飲ませましょう。つまり赤ちゃんが離した時の乳頭(乳首)がきれいなまあるい形なら安心ですね。

    愛知県名古屋市緑区相原郷一丁目2601シャトーレ滝の水1A
    愛育母乳育児相談室
    ホームページはこちら↓
    愛育母乳育児相談室ホームページ
    | aikublog | 日記 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    2012/04/25 10:07 PM posted by: kawasaki
    この間はありがとうございました(^_^;)
    自分の胸がこんなに柔らかかった事知りませんでした。もう随分前からカチカチの胸だったようです。
    とりあえず飲ませ方に気をつけて、食生活も今まで以上に気をつけて。炎症はだいぶ治まりました。ホッと一安心です。

    質問なんですが、夜も2〜3時間おきに泣いたら授乳していますが、添い乳であげてもいいものでしょうか?正しくくわえさせられればいいのかな?

    それから、夕方泣いたら、おんぶや抱っこ、あやしながら夕食を作っていましたが、少々お疲れ気味の私。根負けして、授乳してしまいました。
    やはり、3時間のリズムを崩すとトラブルの元でしょうか?朝、夕の離乳食は変わらずよく食べています。

    お忙しいかと思いますが、よろしくお願い致します。
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    トラックバック機能は終了しました。